ぬか漬けで美肌!?手荒れ!?「ぬか床」は素手or手袋で混ぜる?

ぬか漬けの楽しみは美味しいぬか漬けを食べるだけのことではありません。
やはり女性ならぬか漬けの美容効果にも期待してぬか漬けを始める方も多いでしょう。
私自身も健康、美容のためにぬか漬けづくりをスタートしました。

 

米ぬかには美容成分がたくさん!

米ぬかにはもともと美容成分がたくさん含まれています。
米ぬかには抗酸化作用のあるフェルラ酸、紫外線防止作用のあるγ-オリザノール、そして豊富なビタミンB群が含まれています。
米ぬかのこれらの成分を注入した洗顔料や化粧水、パック等の米ぬかを使った美容商品もたくさんあります。

さらに米ぬかがぬか床として発酵することで乳酸菌が増えて米ぬか以上に美容成分もアップします。
ぬか漬けをしていて、手がつるつる&しっとりした、色白になったという方々も多くいらっしゃいいます。

しかし、これには注意が必要な面もあります。
美肌効果を実感する人もいる中で、正反対にぬか漬けを初めて手荒れが悪化したという声もたくさん聞かれるんです。
どういうことなんでしょうか?

 

ぬか漬けで手荒れ?ぬか床が逆効果に・・・

ぬか床にはたくさんの美容成分が含まれており、美容効果が期待できると言われています。
しかし、一方では手の肌荒れが出現、悪化したという声も上がっています。
誰にでもぬか床の美容効果が当てはまるわけではないのです。

その原因はぬか床にたくさん入っている「塩分」なんです。
そのご家庭のぬか床により塩分の濃度も様々ですが、
この塩分が入っていることで
「肌の弱い敏感肌」
「アトピー体質」
「手荒れがある状態」

これらの方には注意が必要です。

ぬか床に触れることで塩分が肌に対して強い刺激になり、痒みやチリチリした痛み、発赤、湿疹などの症状を引き起こす可能性があります。

また、ぬか床を触った手はニオイが残るため、いつも以上に石鹸で手洗いをしてしまいます。
必要以上の手洗いが糠の良い成分だけでなく、必要な皮脂までごっそり洗い流すことになり美肌とはまったく逆効果の肌荒れを起こしやすいのです。

 

肌荒れ対策はどうする?

「肌の弱い敏感肌」「アトピー体質」「手荒れがある状態」
これらに当てはまる方にはビニール手袋ゴム手袋を使用することをオススメしています。

直にぬか漬けの恩恵を肌で感じたいと思うとおもいますが、ぬか漬けをはじめて肌荒れしたら本末転倒です。

私はぬか床で直接手の美容を期待するよりも、「美しい肌作りは腸から!」というように、ぬか漬けを毎日少しずつ食べて乳酸菌を腸に届けることが一番の美容方法だと重い食べています。

みなさんも自分の肌の状態によっては無理をせずにぬか漬けを続けていってくださいね。

Sponsored Link