ぬか漬けには、生きたまま腸まで届く植物性乳酸菌の宝庫

ぬか漬けには植物性乳酸菌が豊富に含まれています。

植物性ってのが重要なポイントです。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いとは?

乳酸菌は動物性乳酸菌植物性乳酸菌とに分けられます。

2種類の乳酸菌
■動物性乳酸菌 : 「ヨーグルト」「チーズ」など乳製品から出来たものに含まれる。

■植物性乳酸菌 : 「ぬか漬け」「納豆」「味噌」などの発酵食品に含まれる。

 

実はこの2つには大きな違いがあります。

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は口から食べて胃で消化されてしまい、
生きたまま届けたい腸にまで残念ながら届いていないのです。

意外じゃありませんか?

ヨーグルトを食べると便秘など腸に良いイメージがあるため、
ヨーグルトに含まれる乳酸菌も直接腸に届くと思っていませんでしたか?

しかし、それは間違ってたんです。

だからといって、この動物性乳酸菌を摂って損というわけでは決してありません。
胃で分解されたものは腸内にいる善玉菌の餌になってくれる大事な働きをします。

その点、植物性乳酸菌は胃で消化されず、生きたまま腸にまで達します。

昔から日本人は保存食をつくる上で食材を上手に発酵させて、
漬物や納豆、味噌など発酵食品をたくさん摂り入れてきました。

しかし、現代人は徐々に欧米化の食に変化し、
日本人の体に一番合っていた発酵食材を摂り入れる頻度が減ってきてしまいました。

動物性乳酸菌のヨーグルトやチーズ、特にヨーグルトは体に良いとよく知られ、
美味しく加工されているものがスーパーやコンビニなどで簡単に手に入ります。

以前は、私も朝食はパン食派だったため、ヨーグルトやチーズは意識して摂り入れることが出来ていました。

そのため動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌の方が、
身体に摂り入れるのに意識しないと難しいのです。

なぜ生きたまま乳酸菌を届けることが大事なのか?

では、どうして生きたまま乳酸菌を朝まで届けることが大事なのでしょうか?

私たちの身体の腸内には、たくさんの菌が住んでいて身体に影響を与えています。

腸内の細菌
■身体に良い影響を与える「善玉菌」
■身体に悪影響を与える「悪玉菌」
■特になんの影響も与えない「日和見菌」

 

この3つの中で一番数多くいるのが「日和見菌」なんです。

日和見菌は、それ自体では身体に何も影響を与えないため
いてもいなくてもいい存在と思われがちです。

しかし、実はこの日和見菌は強い方の味方につく裏切り者さん。

善玉菌と悪玉菌の勢力が強い方について同じような働きを始めるのです。

善玉菌が少しでも優位に立てば、
ササッと善玉菌側に乗り移って善玉菌と同じ働きを始めます。

反対に、悪玉菌が少しでも優位に立てば、
善玉菌を裏切ってササッと悪玉菌と同じ働きを始めるのです。

そのため、善玉菌を優位にたたせるように腸内環境を整えることが「鍵」なんです!

そして、その善玉菌の代表というのが「乳酸菌」なんです。

【善玉菌=乳酸菌】

だから生きたまま乳酸菌を腸内まで届けることってとても大事なことなんですよ。

 

今、植物性乳酸菌の中でも注目されているのが「ラブレ菌」です。

ラブレ菌は京都の漬物から抽出され発見された植物性乳酸菌で、
強力な消化液の酸にも非常に強く、
生きたまま腸まで届く素晴らしい菌なんです。

Sponsored Link