ぬか漬けは、1歳の幼児が食べても大丈夫?

ぬか漬けは発酵食品の一つですから、
幼児が食べても特に問題ないとされています。

普通の食事を食べることができる子であれば、
ぬか漬けを食べても問題ないと思われます。

注意する必要があるのが
塩分が多く含まれていることですね。

他の漬物の場合も同じですが、
塩分が多く含まれている食材は
乳幼児には適していません。

ぬか漬けも少量であれば問題ないでしょうが、
たくさん与えすぎるのは健康上のリスクが高まります。

 

幼児にぬか漬けを与える場合には、
食べさせる量を少なくするか
塩抜きをすることをオススメします。

水で少し塩分を抜くようにして、
塩分の過剰摂取を防いだほうが良いですよ。

ちなみに子供の塩分摂取の目安量は、
厚生労働省が以下のように定めています。

1~2歳 (男の子)3グラム未満  (女の子)3.5グラム未満

3~5歳 (男の子)4.0 (女の子)4.5

6~7歳 (男の子)5.0 (女の子)5.5

年齢が若ければ若いほど、
摂取しても良い塩分量は少ないので、
与える際はくれぐれも注意してくださいね。

塩分の過剰摂取は味覚障害と関係あり

子供の頃から塩分を摂りすぎていると、
味覚障害になる危険性が高まると言われています。

せっかく美味しい料理を作っても、
「味がわからない」「美味しくない」と
言われてしまう可能性も出てきてしまいます。

濃い味に慣れれば慣れるほど、
どんどん味付けが濃くなってしまい、
ますます塩分を欲するようになります。

小さな頃からそういった生活習慣を送っていれば、
生活習慣病になるリスクも高まります。

肥満とも関係してきますし、
さまざまな健康問題とも関係してくるので、
ぬか漬けの与え過ぎにはくれぐれもご注意くださいね。

Sponsored Link