【ぬか漬け】腐る?賞味期限、日持ちはどのくらい?

ぬか漬けの豆知識【実践編】

ぬか漬けは腐るのか?

賞味期限や日持ちはどのくらいなのかについてまとめます。

ぬか漬けって腐る?賞味期限や日持ちについて

気合を入れすぎて、ぬか漬けを作りすぎてしまい、
その日のうちに食べきれないってことよくありませんか?

私もよく失敗しましました。

同時にきゅうりを2本とか、、
小さなぬか床の容器でしたが、
入るだけ色んな野菜を漬けてみたり・・・

今なら野菜の種類ごとの
自分好みの漬ける時間が掴めてきたので
逆算しながら量や種類を考えて漬けるタイミングができています。

しかし、初めのうちはそうはいきませんでした。

食べきれなかったぬか漬けは一体どのくらい日持ちするでしょうか?

ぬか漬けの賞味期限はどれくらい?

もちろん、私の一番のオススメは、
出来上がったぬか漬けは
その日、1日のうちに食べきることです!

それでも余ってしまったら
ラップをして冷蔵庫に入れても
2〜3日の間には食べきりましょう。

これは塩分濃度によっても左右されます。

塩分が多いほうが日持ちします。

ぬか漬けは野菜を取り出して
糠を洗い流してからも発酵が進んでしまいます。

そのため野菜から水分が出てしまい
ジュクジュクになってしまうことがあります。

 

また、ぬか漬けをぬか床から出さずに置く方法もあります。

しかし、そうすると長く漬かりすぎて
しょっぱい糠漬けになってしまいます。

私の場合はあえて長めに漬けておき、
他の食材と混ぜ合わせて食べています。

長めにつけたぬか漬けのアレンジレシピ

おすすめレシピ
①長めに漬けておいた塩分のきいた「きゅうりのぬか漬け」を細かく刻みます。

②きゅうりと同じように細かく刻んだオクラ(ぬか漬けでない、軽く茹でたオクラ)を刻み、
①とよく混ぜ合わせます。

③鰹節をかけて出来上がり。塩分が少ない場合には醤油をすこ~し垂らします。

④③を冷奴の豆腐に乗っけて食べたり、焼き茄子に乗っけたり、そのままズル〜と食べたりして楽しんでいます。

 

こんな風に多く作りすぎてしまっている野菜は
糠の中で長めに漬けておいて、
納豆に混ぜたり、オクラに混ぜたり、とろろ芋に混ぜたり・・・と工夫したら
美味しく食べきることができますので試してみてください!