ぬか漬けは野菜以外も美味しい!魚・鶏肉・豚肉のぬか漬けの作り方は?

ぬか漬けにすると美味しいのは、
野菜だけでありません。

実は魚や鶏肉、豚肉もぬか漬けで
とっても美味しくなるのでおすすめです。

魚の糠漬けといえば
福井県の郷土料理「へしこ」が有名です。

へしこは鯖のぬか漬けなんですよ〜。

塩辛いんですが、
酒飲みにはちょびちょび食べて
最高のつまみになります!

また、へしこの茶漬けも
最高に美味しいんで
ぜひ食べたことがない人には
食べていただきたいですね!

私は厚切り豚ロースや鶏もも肉、
魚ではサンマや鰤の切り身をぬか漬けにして
美味しく楽しんでいます!

今回は自宅でも作れる
魚や肉などをぬか漬けにする際の
作り方、注意することを説明します。

魚や肉のぬか漬けの作り方

◀材料▶
・いつものぬか床
・お好みの魚、肉の切り身(厚切りカット)
・塩
・あれば清潔なガーゼ
・ラップ、またはタッパー

◀作り方▶
①お好みの魚や肉の切り身を用意。
余分な水分をキッチンペーパーなどでしっかり吸い取ります。

②食材全体に塩をすり込みます。
内臓を取り除いた魚を丸々漬け込みたい場合は
内臓を取り除いた中もしっかり塩をまぶしてください。

③切り身の魚や肉の場合はここでガーゼに包みます。

④いつもの野菜を漬けているぬか床から
糠の一部を取り出します。

<タッパーで作る場合>
取り出した糠を別のタッパーに移し入れます。
食材が全体が隠れる程度の量でOKです。
そこに食材を野菜同様の形で漬け込みます。

<ラップで作る場合>
少量の食材で作る場合は簡単なこちらがおすすめ。
ラップを広げてその上に取り出した糠を薄く敷きます。
その上に食材を置き、さらに食材の上に糠を足します。

ラップを包みながら食材全体が
しっかり糠で覆われているか確認できたらOKAYです。

⑤食材の種類や厚みにもよりますが、
冷蔵庫で1,2日程度漬けたら完成です。

食材にガーゼを巻いておくと、
糠を取り除く手間や洗う手間が省けます。

野菜同様に糠から取り出した食材を
水で洗ってもOKです!

⑥漬けた食材は
普段同様にしっかりと中まで日が通るように
焼いたら出来上がりです〜!

魚や肉をぬか漬けにする際の注意!

魚やお肉をぬか漬けにする際のポイントは、
いつもの野菜を漬けているぬか床に
魚や肉をそのまま漬けないことです!

これは、絶対に注意しましょう。

魚や肉には腸炎ビブリオ菌など食中毒の原因となる菌が
付着している場合があります。

魚ではアニサキスも近年問題になってますよね。

肉でも同様、カンピロバクターや腸管出血性大腸菌などの細菌
が付着している可能性があります。

そのため生野菜をつけるぬか床と
一緒に使用しないことが重要です。

糠を取り出す際も清潔な道具や手で
扱うようにしてください!

また、出来上がった魚や肉のぬか漬けは
しっかりと火を通して美味しく食べるようにしましょう!

これらにしっかり注意して作れば
美味しくてメインのおかずにもなるぬか漬けができちゃいますよ〜!

あわせて読みたい